モダンタイムス
単行本
モダンタイムス
文庫
モダンタイムス

恐妻家のシステムエンジニア・渡辺拓海が請け負った仕事は、あるサイトの仕様変更だった。

けれどもそのプログラムには不明な点が多く、発注元すら分からない。

そんな中、プロジェクトメンバーの上司や同僚のもとを次々に不幸が襲う。

さらに、渡辺も何者かに襲撃される。

そして、プロの殺し屋らしき男に「勇気はあるか?」と問いつめられ、拷問を受けるーー。

「播磨崎中学校」「安藤商会」「個別カウンセリング」、3つのキーワードから、世界を揺るがす驚愕の展開へといたる伊坂作品の最長小説。

 

(単行本2008年講談社、文庫2011年講談社)