グラスホッパー
グラスホッパー

元教師の鈴木は、妻を殺した男への復讐心を抱いていた。

ある日、その男が車に轢かれる瞬間を目撃する。

そこには「押し屋」と呼ばれる殺し屋が関わっていた。

鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。

一方、人に自殺させる能力を持った殺し屋・鯨、ナイフ使いの蝉も「押し屋」を追い始める。

それぞれの思惑が交錯するとき、物語は唸りをあげて動き出す。

 

(単行本2004年角川書店、文庫2007年角川文庫)

単行本