オーデュボンの祈り
オーデュボンの祈り

コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気づくと見知らぬ島にいた。

その島の名前は「萩島」。

江戸以来外界から遮断されている荻島には、妙な人間ばかりが住んでいた。

嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。

だが、次の日カカシはバラバラにされ殺される。

未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止できなかったのか?

 

(単行本2000年新潮社、文庫2003年新潮社)

単行本